性病といえば昔は風俗で感染するイメージでしたが近年は一般人でも当たり前のように感染しています。そして10代や20代で感染している人が大半です。なぜこんな流れになったのか研究していきます。

タイで性病の治療費について

タイに移住、または旅行先として在住している場合に病気になってしまうこともあるでしょう。海外になりますので、不安もあります。その不安のひとつに治療費も挙げられます。またタイは日本で受けることができない治療を受けるためにタイに行くということもあります。この場合、日本で保険適用されない治療はもちろん海外でも適用されませんので、すべて自己負担になることを覚えておきましょう。

たとえば旅行先で病気になった場合は、海外では立替になっており、後で還付請求をすることで保険適用することが可能です。お金は掛かりますが、しっかりと治療を受けることが可能です。また医師の質としては、アメリカやドイツまた日本の留学生がいる病院もあり、コミュニケーションも日本語を話せる通訳がいますので、そのような病院にかかると良いでしょう。もちろんそのようにうまくいかないこともありますので、英語でコミュニケーションをとらないといけないこともあります。

またタイはHIV患者が多いですので、性病についても注意が必要です。売春目的でタイに行く日本人もいますが、性病とHIVのリスクが伴いますので注意が必要です。向こうで性病に罹ったときは、治療を受けて治療費を支払うというかたちもありますが、潜伏期間の問題もありますので、日本で治療を受けるほうが、治療費の請求もしなくて済みますので、お好きな方法を選ぶと良いでしょう。

ついつい旅先で出会った人と性行為をすることもあるでしょう。旅の思い出としてそのようなことを否定することはできませんが、不特定の人物と性行為をするというのは、性病に罹るリスクが常に伴います。そのリスクを自覚して予防はしっかりと取るようにしましょう。