性病といえば昔は風俗で感染するイメージでしたが近年は一般人でも当たり前のように感染しています。そして10代や20代で感染している人が大半です。なぜこんな流れになったのか研究していきます。

アレルギー性紫斑病原因とかゆみ・性病との関連性

アレルギー性紫斑病とは、下肢や臀部などに赤や青紫の紫斑が現れる疾患で、腹痛や関節痛が現れる場合があります。アレルギー性紫斑病原因は未だ不明ですが、様々なウイルス感染症や細菌感染症をきっかけに、免疫機能に異常が生じ、血管炎となる事で紫斑や浮腫などの症状が出現します。

アレルギー性紫斑病は原因がはっきりしていなく、臀部などの周囲に症状が現れる事から、性病と勘違いされる事もあります。アレルギー性紫斑病が現れるのは主に4歳から7歳程度の子供ですが、母親が性病にかかっていると妊娠や分娩、授乳で母子感染する可能性があります。しかしアレルギー性紫斑病原因と性病の関連性は現状では確認されておらず、性病がアレルギー性紫斑病原因になるとは考えられていません。

子供にアレルギー性紫斑病と似たような、紫斑の症状が現れる性病に梅毒があります。梅毒は戦後直後に大流行しましたが、ペニシリンが開発され患者は激減しました。そのため現代では珍しい病気ですが、数十年ごとに何度か流行している性病です。梅毒の特徴は、感染した箇所に痛みの無い赤いしこりが現れ、数週間で治ります。しかし菌は身体に潜伏し、数カ月から数年後に全身に赤いブツブツが現れて収まり、再び時間を置いて内臓や心臓、血管や脳などの部位にしこりを出現させ、死に至らしめる場合もあります。性病では患部のかゆみで性病に気づく事がありますが、梅毒の症状はしこり以外になく、かゆみや痛みがないので放置して症状が悪化するケースが多い病気です。性器や肛門、口などに今までなかった赤いしこりが現れた場合は、かゆみや痛みを感じなくても病院で診察を受ける事で、自分やパートナー、子どもの健康を守る事に繋がります。