若者の性病感染率

性病といえば昔は風俗で感染するイメージでしたが近年は一般人でも当たり前のように感染しています。そして10代や20代で感染している人が大半です。なぜこんな流れになったのか研究していきます。

「性病の感染経路」今と昔

性病はウイルスに感染することでなります。そしてその感染経路も実に様々なものがありますが、今と昔では感染経路が多少違ってきています。例えば昔は医療現場における管理が今と比べて杜撰だったことが原因で、輸血等によって感染してしまって性病になるというケースも多く存在していました。もし今の世の中でそのようなことが頻繁に起こってしまっている場合、大きな大きな医療問題となって日本における医療への信頼も大きく揺らぐことになってしまうでしょう。しかし現在では輸血等による医療関係の処置が原因でウイルスに感染して性病になるケースというのは、普段の生活の中であまり目にしなくなりました。それでは今はどのような感染経路が一般的なのかと言いますと、断トツで多いのがやはりセックスによる感染です。つまりコンドーム等を使わないセックスによってウイルスを相手に感染させてしまい、それがどんどん広がるという感染経路が一般的となっているのです。
もちろん昔の世の中においてもセックスによる感染で性病になってしまう人というのは多く存在していました。しかし今に比べると性に関して貞操観念をしっかりと持っている人が多かった為、セックスによる感染で性病になってしまう人は今よりは少なかったのです。つまり結婚するまでは絶対にセックスをしないのだとの信念を持っている男女も多かったので、それほどセックスによる感染を恐れる必要はなかったのです。ところが時代が変わって今では結婚前にセックスをするというのはごくごく当たり前の世の中となってしまいました。しかもコンドームを使わないでセックスをする人が増えていますので、ますます現代人はセックスを感染経路とする性病にかかりやすくなってしまったのです。